代表挨拶

「セカンドオピニオンの対話による新たな価値創造を」

第二の対話株式会社(Second Dialog Corporation)の名前は、セカンドオピニオン(Second Opinion)のセカンドとギリシャの哲学者ソクラテスが用いた対話法(Socratic Dialog)のダイアログから由来しています。

人は誰しも自分の個性となる考えや信念を持ち、またいろいろな事柄について関心や疑問を抱き、自問自答を繰り返しながら自分らしい時間の過ごし方や行動をされていると思います。

その自分らしさを見つける上で対話には不思議な力があると思います。人と対話をすることにより新しい視点や考えに触発され、長年の悩みから解放されるような体験をしたり、人生観を変えるような新しい自分を発見したり、対話をする者同士がさらなる高みを目指すことができたりすることがあります。

私は、いろいろな方との仕事を通して、お互いがより高みへの進めるような対話、新たな価値を創造できるような対話ができたらと思い、社名を第二の対話(Second Dialog)と名付けました。刺激的で創造的な対話ができることを楽しみにしています。

第二の対話株式会社
代表取締役社長  島 哲史

 

 

代表プロフィール

経歴:

東京都立大学大学院物理研究科修了後、英語を公用語とする外資系IT企業に入社し、研究開発、法人営業、経営企画に従事し、その後に独立し第二の対話株式会社を設立。
研究開発では、信号処理アリゴリズムやシステム開発を通して、技術・標準、品質管理やTTMの大切さを身をもって学ぶ。
法人営業では、約100億円規模の事業を担当して、顧客への提案がいかに勝敗を決するかを経験し、顧客と競合を深く理解することの大切さを実感する。
経営企画では、数千億円規模の日本や北東アジアの事業に関わり、企画・開発系の新規事業やM&A、管理系の中期経営計画などの約50のプロジェクトの立ち上げや実行に従事。事業の本質の捉え方、内外のステイクホルダーとの合意形成や仕組みづくり、新規事業の提案や立ち上げの苦しさと楽しさを経験。
その後独立し、第二の対話株式会社を設立。現在、スタートアップや新規事業の立上げや企画のサポートを中心に活動中。

資格:

証券アナリスト。中小企業診断士。

趣味:

学生のころから始めた投資。食べ歩き、散歩、水泳。

 

 

会社概要

社名第二の対話株式会社 (Second Dialog Corporation)
代表取締役社長島 哲史
所在地〒107-0062 東京都港区南青山6-7-13-1003
設立2016年7月7日
資本金555万円
主な事業内容経営コンサルティング、ソフトウェア製造及び販売、不動産・有価証券・その他金融資産の保有及び運用
事業年度毎年1月1日から12月31日まで

 

 

アクセス

GoogleMapを開く